一定期間更新がないため広告を表示しています

  • -
  • -
  • -
  • by スポンサードリンク

今朝のラジオでは、南米ベネゼエラの経済危機の原因について放送していました。

@@@

世界一の石油埋蔵量を誇り、かつて中南米でも裕福な国であったベネゼエアは、ここ数年経済が悪化の一途をたどり、国民の生活に直接影響が出ているようです。

IMF(国際通貨基金)の今年の見通しでは、物価上昇率650%と試算しています。1000円の品物が1年後7500円になるという異常な事態だそうです。先月に行われた全国知事選挙(全23州の知事を決める選挙)では、与党18州と野党5州で与党の圧勝で終わりましたが、与党支持者でさえ年々生活が苦しくなっているそうです。それを示すように民間団体が行ったアンケート調査では、去年1年間で体重が減ったとする人が、回答者の7割に上ったそうです。

特に生活が深刻な貧しい人が暮らす地域では、若い人たちのボランティア団体から子ども達に無償でお昼ご飯を提供しているとのリポートしていました。このグループの代表は、戦争や大災害の後のような状況が政治によって引き起こされていると怒りをあらわにしていたそうです。

 

ベネゼエアは歴史的に富裕層と貧困層に国が二分されてきましたが、今のマドゥール大統領は前のチャべス大統領の考え方を踏襲し、富裕層を敵視し自由競争の経済に背を向けた、貧困層に手厚い社会主義的な経済を推し進めているようです。

貧しい人が物を変えるように政府が値段を安くする価格統制を行ったため、生産コストに合わない企業としては国内外の生産者が製造をやめるケースが続出。国内産業が廃れて食品や薬が不足する事態になっています。

また貧困層向けに住宅の整備したり、教育や医療サービスを提供したりするのに予算を投入していますが、歳入の半分近くの原油関連の収入が原油価格下落で落ち込み、通貨の供給を増やした結果ハイパーインフレを引き起こしたようです。

 

一番の解決策は自由市場経済に戻し無理のない経済運営をすることですが、マドゥール大統領としては、貧困層にやさしい社会主義的な経済をやめれば、チャベス大統領から引き継いだ支持者が離れるので行う見込みは無いそうです。

マドゥール大統領は原油関連の収入によって、債務不履行(デフォルト)だけは防ぎつつ、ばら撒きの政策で貧困層をつなぎ止めている状況のようです。

経済が一向に改善しないなか、大勢の人が国境を渡ってブラジルやコロンビアに避難しているのは、食料以外にも抗生物質など多くの人が使う医薬品も圧倒的に不足していることが原因で、今回対立している与野党の支持者の間では、「今われわれが求めているのは融和で、政党間で争うのはやめて早く国を前進させる道を探して欲しい」という意見が印象的に残ったという言葉でリポートを締めていました。

@@@

社会主義政策で原油で裕福な国を貧困な国に変えてしまった悪い例ですね。貧困層も行き過ぎた政策は、貧困層に跳ね返って来ることに気づかないといけないということです。日本でも福祉や教育を無償にして企業から高い税金を取るというスローガンをいう政党がいますが、豊かな社会になるかどうかはベネゼエアを見れば一目瞭然です。

今日は立冬で、季節上では冬の始まり。でも少し暖かいかな。この時期の季節はずれの天候は、天気が崩れるシグナルと聞いたことがあります。各地で20℃を超える気候になり、日中は上着が必要ないとの事です。

天気予報では、日本を覆っていた高気圧が東の海上に移動し、西から前線が近づくとなっています。各地で晴れのち曇りが出ているので折りたたみ傘は持っていかないといけないかな?

 

今朝のNHKラジオで、農業が医療費を削減する産業という話を、農業ジャーナリストのあおやまひろか先生が解説していました。

@@@

日本の少子高齢化社会が進む中で、農業分野でも高齢化が深刻なのだそうです。

農業の一番の課題として農家の高齢化です。全農家の平均年齢が67歳で、農業に携わっている6割が65歳以上なので、高齢化が否定出来ない状況なのだそうです。農水省も若い人に入ってもらうよう支援策を出していたり、若い人も農業を見直していたりしているのですが、平均年齢を押し下げるほどでもないようです。


農業をしている人の方が医療費が低く収まると、早稲田大学の堀口健司名誉教授が明らかにした研究結果だそうです。

埼玉県本庄市で75歳以上の医療費を較べたとき、農業に携わった人の方がそうでない人の7割くらいに収まったそうです。

また、本庄市の家庭へのアンケートで死亡した人の職業を調査をし、900件の回答を得られたようです。そこから農業をしている男性が平均81.5歳で、そうでない人が平均73.3歳だったので8歳ほど長生きする結果になったようです。


農家が元気な理由を今まで調査をしていなかったのですが、主に3つほど考えられるようです。

1.農家は常に身体を動かしている。自営業の農家は定年がないので、ゴロゴロする事がない。

2.段取りを考えたり、あるいは天候の変化や市場の動向をみることで頭をよく使うことが多い。

3.社会との接点がある。屋外で作業をするので通り掛かりの人と話をしたり、仲間の農家と打ち合わせをしたり、お客様と話すことで張り合いがある。

というようなことで、若さを保っているのではないかと感じるそうです。


農業が健康に良いことが証明されたので、

〇毀映星爐簑慮廓星爐妊廛蹐亮蠅曚匹を受けることで健康維持する。

農村の人材不足をシルバー人材センターに委託しており、丁寧で細かい仕事が任せられるから評価が高いそうです。近くに農業地域にお住まいであれば、お手伝いするのみならず自分の健康のために労力を提供して頂いて欲しい。

と締めくくっていました。

@@@

確かにスポーツジムに行くより安くて健康に良さそうですが、健康維持を目的に農家のお手伝いをするのはどうだろうか?仕事をリタイヤした方なら分かるけど、仕事の合間に行く人は少なそうです。

季節外れのネタで申し訳ありませんm(__)m。

2、3ヶ月前なら良かったのですが、私も今日初めて見たので、備忘録代わりに書き留めておきます。


子供に都市伝説など怖い話を説明するのは、なかなか話術がいりますよね。

テレビで有名な芸人が、都市伝説を本当のように伝えるさまは、やはり「芸能界で勝ち上がってきたプロなのだな」と思わせる迫力がありますよね(^^;)。

このようなプロのように「普通に怖い話を伝えられたらなー」って思いつつ、しゃべり下手な私には無理なことだと諦めていました。


今日初めてみたのですが、youtubeでは「cloverfilms」というyoutubeアカウント名で、タレント(どこかの劇団員の方かも?)を使った、都市伝説のビデオ化した物が多数アップされていました。

自主制作ビデオなので、CGなどのクオリティが高いとは言えないのでしょうが、子供に見せて伝える分には、充分迫力がありますよ(^-^)。2ちゃんねるで観た当時の迫力には、到底及ばないものの、このくらいの方がまだ安心して子供に伝えられそうです。

ただ、大昔の昼に放送していた「あなたの知らない世界(知らない人は申し訳ありませんm(__)m)」という番組に有った、再現ビデオほどの演技力であるので、夜に子供に見せない方が良いかもしれません(>_<)。


ドラマ化したなかで、「猿夢」だけ知らなかったので、一度都市伝説を調べてみたいと思います。


昨日、奈良にある信貴山朝護孫子寺に行ってきたのですが、どうも今まで違う道で行っていた事に気付きました。

今までGoogleMapを頼りに「信貴山観光ホテル」から北の細い道を通っていたのですが、同じバスで来た人が後ろに付いて来ないことで道を間違えていることを確信しました。


正解は、「信貴山観光ホテル」前の道を東に5分ほど歩くと、北側に赤い欄干の橋が見えて来ます。ここの橋を渡って参拝するのが普通の通り道でした(^^;)。

今まで通っていた道は、軽トラ一台が通ることも出来そうのない細い未舗装の道を通っていました。どおりで大量の藪蚊に襲われたわけです。

分からない時は、バスの降りた人と同じ道を通って行かないと駄目ですね。


この赤い欄干の橋は、「開運橋」という名前で呼ばれており、バンジージャンプが出来るような装置が付いていたので、「信貴山 バンジージャンプ」でも分かるかもしれませんね(^-^)。


今度11月23日にもイベントがあるようなので、今度こそお礼参りも兼ねて行ってみます。


今日は、奈良県の信貴山にお詣りに来ています。

たまたま、千手院近くで「柴燈護摩供(さいとうごまく)野外火渡大祈願会」をしていました。午後二時から参加出来るようでしたがちっと怖いのと、お金の持ち合わせが無かったので見学だけしたいと思います。

来年は参加してみようかな?


うーん。火渡りは1000円で渡れるそうです。

やっぱり怖いのでやめておきます(^^;)。

今朝のNHKラジオでは、ベトナムにいる残留日本兵の子供達について放送していました。@@@

第二次世界大戦中、日本軍はフランス領インドシナに進駐して、終戦当時10万人近くの日本兵が現在のベトナムにいたそうです。

終戦後もベトナムに留まった日本兵(残留日本兵)は、当時数百人いて軍事訓練などを通じて、ベトナムの独立運動に大きな役割を果たしたようです。多くはベトナムで結婚し家庭を築きましたが、1950年代に東西冷戦で政治状況が変化するなか、半ば強制的に日本に帰国させられ、多くの家族が生き別れになったそうです。


今年3月に天皇皇后両陛下が、ベトナムを公式訪問をした際に、残された妻子に面会されたことがきっかけになり、残留日本兵の子供達13人が先月訪日したそうです。

父親に会えたのは1人だけで、すでに亡くなった父親の墓参りが実現した人もいましたが、父親の消息が分からない人もいました。

ベトナムで使っていた現地の名前や、日本の出身地しか手掛かりが無かったためです。

ベトナム北部のタイグエン省から訪れたグーティンタンさんは、「父親は福井県にいるということしか聞いていない」が何か知らないかなどと記者に聞いて、少しでも父親の手掛かりを探したい姿勢に胸が締め付けられる思いがしたそうです。


日本で過ごしたのはおよそ一週間で、多くの子供達にとって父親の祖国を訪れたのは初めてだったようです。大阪などの観光地も訪れましたが、最も印象的だったのは京都舞鶴市の訪問でした。実は舞鶴市には、父親達がベトナムから帰国した船の港があり、訪れた時期が台風で大雨でしたが、父親の降り立った港を見つめていたり、思い出に港の土を持ち帰る人もいたようです。

今回の取材では、子供達の怒りや恨みの言葉は一言も無かったそうです。多くの残留日本兵は、家族に告げること無く日本に帰国したため、ベトナムに残された家族は苦しい経済状況や父親が日本人であるという差別に苦しんでいたそうです。それでも父親を大切に思う気持ちに変わりがないそうです。

父親が居ないことは「屋根がない家に住む」という言葉があり、ベトナムでは父親が非常に大切な存在であるかを表しているそうです。

家族の離散から半世紀経ち、今回訪れた子供達も60〜70歳代の高齢化が進んでいるので、早く父親との繋がりを取り戻して欲しいと締めくくっていました。

@@@

この放送でベトナムの独立に多くの旧日本兵が役割を果たしていたことや、後のベトナム戦争にも影響を及ぼした旧日本兵の軍事学校の存在も知りました。

戦争は決して肯定するものではないものの、多くの植民地が独立した過程をみると、かなり複雑な思いがしました。

季節の移り変わりが早いもので、もう11月になりましたね。


昨日の新聞には、十日戎の福娘の募集記事が載っており、大阪戎神社では40名の未婚で18〜23歳の女性(高校生は除く)を募集していました。

1月5〜11日の7日間はPRや行事に拘束されるものの、入賞者は15万円と訪問着を贈呈されるとのこと。

福娘は誰でもなれる訳でもない、名誉職なので娘がいたら挑戦して欲しいな。

西高東低の10月中旬から11月初旬にかけて、秒速8mの北よりの風が初めて吹くと、「木枯らし一号」となって、近畿地方と東京地方のみに気象庁が発表するそうです。

昨日がその木枯らし一号となっていたようです。

近畿地方と東京地方のみに発表するのは、恐らく企業の多い、東京や大阪に季節が大きく変わったメッセージの意味があるのかもしれませんね。

外気温で少し変わるだけでも、コンビニエンスストアのおでんの売れ上げに影響するらしい。

もう冬支度の準備に奔走する季節になったのですかね。


大阪のコンビニは、今日時点でおでんを出していないようなので、明日か明後日くらいには出るのかな?

冬はコンビニのおでんを買って、家で食べるのが楽しみになっています。妻には怒られるでしょうが、金曜日の夜に買って充分ダシを吸ったタネを電子レンジで温めて食べると格別ですね。

いい季節になりました(^-^)。

JUGEMテーマ:消費税増税

 

今朝の新聞では、地方消費税を新たな人口比で配分するという話題が、一面に載っていました。

 

現在は、

消費税8%の1.7%分が地方消費税に相当し、約4.7兆円(28年度決算見込み)だそうです。

このうちで

‐暖餝曚杷枴するのが75%

⊇抄伴埒瑤杷枴するのが7.5%

人口比で配分するのが17.5%

というのが、従来の地方消費税配分だそうです。

もともと消費税は、最終的に支払う人が恩恵を受けるように還元するという趣旨があったので、,嚢愼した消費者の都道府県に75%還元し、△鉢で消費者に届くまでに製造・小売業も消費税を支払っているので、全国の都道府県に一律還元するという形で作られたようです。

当然,任肋暖饉圓多いところが、△鉢では製造業や人口の多い都道府県が、多く還元される仕組みということです。

 

今回財務省案では、

1.地方消費税を従来の1.7%から2.2%にする。

2.今までの´↓の配分を取り止めて、「子供と高齢者の人口」で配分する。

 

とする事で、選挙公約通り子供やお年寄りに税を使ってもらえるように、都道府県に還元する仕組みに変えるようにしようとしているそうです。

28年度決算見込みで4.7兆円ですから、10%に引き上げた際にはこのうちの2.2%、つまり6兆円が子供や老人が多い自治体へ優先的に配分されるということです。

 

当然このままで決まると、都会(特に東京や大阪)では大幅な税収減となり反発は必死ですが、東京都知事や大阪府知事が率いた党は、先の選挙で大敗を喫しているので、すんなり通りそうな気配です。

 

当面選挙はなく消費税も10%で行く予定なので、自民党を大勝させた民意に従うほかないようです。

まあ、都会だけが恩恵を受ける税制なら、国で取らなくても都道府県で税を取ればよい話なので、これはこれで良いのかもしれません。「消費税」は「間接税」なので、名称にこだわらなければ、良いだけの話なのでね。


PR

Calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< April 2019 >>

Archive

Mobile

qrcode

Selected Entry

Link

Profile

Search

Other

Powered

無料ブログ作成サービス JUGEM